2011年04月19日

足を引っ張りすぎと反省

今さらだが、土曜日に草野球をした。
これが2対15という大敗。
大敗の最大の原因が私だと思っているので、今日まで気持ちが落ち込んでいた。
たかが草野球ではあるが、チームメートや相手チームに対して申し訳なかったなと思う。

この日は私にとって今シーズン初試合。
ポジションはショート、一番守備機会が多いポジションだ。
五度ほど守備機会があったが、一度もアウトを取れなかった。
フィルダースチョイスから始まり、エラー・悪送球、さらに送球が遅くて内野安打にしてしまう。
周りはドンマイ・ドンマイと声を掛けてくれるけれど、ベンチに帰ったら居心地が悪い気がした。
久しぶりだったから、フットワークも悪く、肩もできていなかったと言い訳を書いておこう。

打つほうはというと3打数1安打1得点。
1安打と書いたものの、ボテボテの三塁前の当たりが内野安打になっただけ。
こちらもサッパリだった。
今までチームの盗塁王を争っていた若いヤツに「どうしたんですか?足腰の衰えですか?」と守備のほうも含めて心配されてしまう始末。
まじめに、ちょっと走りこみしようかな。

このことを書くのに二日の時間が必要だった。
それだけ私にしてみたらショックだったんですね。
書くことには嫌なことを忘れる効果があるということが、先日読んだ「ライフハック心理学」に書いてあった。
これでもう立ち直った(はず)。
明日からまた(ネタがあれば)ブログを毎日更新することを目指したい。
タグ:草野球
posted by s-crew at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196499691

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。