2011年04月29日

分っていても止められぬ

アウスタでエスパルス対アビスパの試合を見た翌日、私はフクアリに向かった。
ジェフ千葉対FC東京の試合を見るため、というよりジェフのオーロイを見るためと言ったほうが正確か。
2メートル以上の選手を生で見たい、この気持ちが一番強かったことを正直に書いておく。

試合はホームのジェフが、注目のオーロイの2ゴール1アシストの活躍で、FC東京を下した。
FC東京は無敗で、いや全勝でJ2のリーグ戦を戦い抜くはずだと思ったんだけど。

試合自体はFC東京のペースのように見えた。
あるいはジェフはこのくらいは想定内だったのかもしれない。
この日のFC東京は梶山がトップ下に位置していた。
ボールは持てるが、そんなに怖さを感じなかった。
先入観から来るものかもしれないが、やはり梶山はボランチの位置でゲームを組み立てたほうが相手チームは嫌なように思った。

後半もFC東京が攻めて、何度か惜しいシュートが外側からサイドネットを揺らす。
そんな流れを変えたのは、オーロイとHTからCBとして出場したマーク ミリガンだった。
このミリガン、ロングスローインができるのだが、その威力が半端じゃない。
ジェフの先制点は、ミリガンのライナー性のスローインボールがオーロイの頭にあってゴールに吸い込まれたもの。
あれは防ぎようがない。
このプレーで勢いに乗ったジェフ、オーロイのアシストからトップ下の米倉が決めて2点目。
とどめの3点目もオーロイのヘッド。
その前のプレーでアシストした青木孝太がヒールキックを失敗して結果オーライのアシストに繋がったのには笑ってしまった。

FC東京は米本の負傷退場が、この試合だけでなく、シーズンを通して痛い。
いい選手と私は認めているので、怪我で選手生命を棒に振る選手にはなってほしくないという思いがある。

一方ジェフ、ミリガンのスローインを見て、2009年の地域リーグ決勝大会で見たASラランジャ京都の試合を思い出した。
ラランジャ京都もハーフラインを超えるとロングスローインでゴール前にボールを入れていた。
これがフットボールなのか、これもフットボールなんだろうな。

もう何試合か、オーロイ(とミリガンのスローイン)を見にフクアリにいってみたいと思っている。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。