2011年05月04日

まだまだ発展途上チーム

内容は今季で一番だった。
確実に良化は進行中だ。
だが結果はついてこなかった。
特に得点という結果がほしかった。

3日に行われたエスパルス対サンフレッチェの試合はアウェイのサンフレッチェが、途中出場のムジリが決めた1点を守りきって勝利した。
誰かのブログだったか、ムジリはまるで、守備をしないところも含めてフランサという文章を読んだ覚えがあった。
警戒はしていたと思われるが、そのムジリに得点を決められたのは悔しい。

この日のエスパルスは、はっきり3トップとわかるポジショニングをしていた。
そのためサンフレッチェはウィングバックが最終ラインに吸収され5バック状態になり、かなり押し込むことに成功していた。
アンカーに入ったイワシも、多少の相手からのプレッシャーも楽しむかのように、のびのびとプレーしていた。
シンジがいなくてもゲームを作れるという収穫もあった。

収穫といえば、俊幸と亜人夢がJ1初出場を果たした。
俊幸は、センスの良さを示した。
使い続ければもっともっとよくなる、チームにフィットすると感じた。
亜人夢も、ユース時代はボールを引き出す能力に長けたFWだったが、トップの試合でもその片鱗を見せてくれた。
二人にとって、この試合の経験を次に活かしてくれれば、それはそれで価値があった試合となる。

ある程度試合をコントロールできるところまで来た。
次は得点だ。
やはり元紀以外のFWの覚醒が待たれる。
といっても元紀も流れの中では点を取っていないか。
あと少しの積極性、あと少しのゴールへの意識の共有、こういったものを強く持ってほしいと思う。

次の試合では、さらに進化した内容と、流れの中での得点をあげることに期待したい。
posted by s-crew at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。