2011年05月05日

7−0の完勝 法大好発進

JR東日本カップ2011 第85回関東大学サッカーリーグ戦が、当初の予定より一月遅れで始まった。
エスパルス加入がすでに発表された河井のいる慶應義塾大の試合が相模原市の麻溝競技場であったので、見に行ってきた。
慶大の試合の前に、リーグ戦2部の法政大対朝鮮大学校の試合があったので、まずはこちらの試合から。

法政大は今季から2部に降格した。
また大石和孝氏が新監督に就任した。
昨年まで藤枝東高の監督で、エスパルスともジュビロとも関わりのある方だ。
メンバーを見ると1部昇格の最有力候補と思えるので、あとは監督の手腕次第というところだろうか。

一方の朝鮮大についてはさっぱり予備知識がない。
マッチデイプログラムに載っていることだけが知りえた情報だった。
両チームがピッチ上に立つと、全体的に法政大のほうが体つきが良い。
少々意外に思った。

試合は前半2−0、後半5−0、合計7−0で法政大の圧勝。
特に後半はやりたい放題といった感じだった。
法政大で目についた選手は、2点目をあげた左SBの浅田。
クロスを入れるぞ入れるぞという雰囲気を発散させておいて、GKのニアをぶち抜くシュート、いいわ。
また、以前から注目している選手が右SHの真野。
この日は2得点をあげる。
私の後ろに朝鮮大OBと思われる集団が陣取っていたが、真野の1点目を見て、このシュートやっひーがマンデーセレクションに取り上げるぜ、と言っていた。
それだけいいシュートだったということ。

やはり法政大は強いと思ったが、朝鮮大が無抵抗すぎたという感もあった。
1試合を見ただけで言うのは早すぎるとは思うが、それでもやはり法政大は昇格の最有力候補、そして朝鮮大は下部リーグ降格に近い位置にいるといえるのではないだろうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。