2011年05月05日

河井が追加点!慶應勝利

麻溝の第2試合は、明治大対慶應義塾大、河井の出場するお目当ての一戦だ。
慶應のメンバーの中には、エスパルスの練習に参加経験のある選手が河井以外にも何人かいる。
この日は右SBに入った藤枝東出身の藤田、1年ながら右ボランチでスタメン出場の清水東出身の増田、さらにいつのまにかボランチからFWにコンバートされていた大塚(滝川二高出身)。
こういった選手に注目して試合を見ようと思っていた。
また、帰りの電車の中で気づいたのだが、今年から吉田康弘氏が明治のコーチになっていたのではなかったか。
気にしていなかったせいか、ベンチにいたのかどうかまったくわからなかった。

試合は前半0−1、後半0−1、合計0−2で慶應が勝利を収めた。
明治は昨シーズンのリーグ戦優勝チームで、今季も優勝候補の筆頭と目されていたと聞いている。
それが開幕戦から黒星となり、リーグ戦自体は面白くなりそうだ。

注目の河井だが、ポジションは4−2−3−1の3の中央、2年前のポジションに戻った格好。
チームの1得点目ではFKを蹴って得点の起点となり、2得点目は自ら蹴りこんだ。
河井の得点直後の慶應イレブンさらにベンチは大いに盛り上がっていた。
開幕戦は3年連続で得点をあげているらしい、なにか持っているものがあるような気にさせる。
得点シーン以外ではあまり見せ場はなかったが、それでも今までよりも運動量が増え、守備も今までに比べたらだが、かなりするようになったのは好印象。

藤田は運動量が豊富だった。
ボランチも両SBも一定レベル以上にこなせるのが藤田の重宝するところ。

増田はかなり守備に追われていた。
初めてそのプレーを見るので、まだなんともいえない。
ただ、選手層の比較的薄い慶應とはいえ、開幕戦からスタメン抜擢は高い素質を持っているということの現われなのだろう。
囲い込みますか。

大塚はロスタイムからの出場、正直FWでの出場に違和感を持った。
プレーもまだFWのスタイルではない印象を持った。

試合全体を振り返ると、明治がゲームを支配したものの、慶應が体を張って凌ぎ、少ないチャンスを確実にものにしたといえるのではないか。
強かったのは明治、だが試合に勝ったのは慶應、こういう結果になるのもサッカーだ。
この記事へのコメント
ていうか河井の適正ポジションってあそこしかないんですよね、おそらく。
まともに「中盤」に置いてしまうと良さが7割ぐらいしか出ない、特にサイドに置いちゃうと…
「チャンスメーカー=中盤」日本のサッカーにありがちなこの固定観念が強いようだと彼の生かしどころは分からないでしょう。
Posted by ザンギュラ at 2011年05月06日 06:12
ザンギュラさん、コメントありがとうございます。また、しばらく放置してしまいすみません。
今のところ、大学ではのびのびやれているように見えます。プロでは、大前とのコンビに期待してます。
Posted by s-crew at 2011年05月13日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。