2011年05月14日

明大2試合連続の無得点

江戸川陸上競技場での第2試合は、明治大対神奈川大。
明大は前節、0−2で慶應に敗れるという痛いスタート。
一方の神大は、退場者を出しながらも1−0で勝利。
好対照のスタートを切った両チームの対戦といえるかもしれない。

試合結果からいえば0−0のスコアレスドロー。
明大にしてみたら、2試合連続で得点を奪えなかったことになり、こんなはずではなかったのに、という思いがあるのではないか。

ボールの支配率はやはり明大のほうにあった。
ボールは良く回る。
サイドチェンジも決まる。
だがゴールが遠い。
サイドからの崩しにこだわりすぎたか。
もう少し正面からミドルシュートを狙うなどの工夫があっても良かったのではないか。

神大のサッカーというと漠然と、守備は堅い、サイドバックに好選手が多いというイメージを持っていた。
今年のチームはというと、守備はそこそこ堅いが、SBの上がりはあまり見られず、ちょっとイメージとは違っていた。

得点が生まれなかったので、やや盛り上がりに欠ける試合だったといってしまおう。
基本的に、この日は河井を見に来たのだからまあいいか。

試合内容とは直接関係ないが、明大のルーキー矢島が途中出場すると、チャントで盛り上がった。
矢島の名前は倫太郎だからだろう、リンリンリリンリンリンリリンリンリンリンリリン倫太郎と、「恋のダイヤル6700」が元歌。
参考までに矢島はレッズユース出身で、昨年の高円宮杯グループリーグでエスパルスユースが痛い目にあったのを思い出す。
あの試合だけ見ると、トップ昇格するかと思ったのだが大学へと進んだ。

上にも書いたが、明大は2試合を終わって得点がない。
攻撃の再構築が必要と思った。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200904010

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。