2011年05月17日

ギャンブルも実らず玉砕

今さらですが、土曜日に行われたエスパルス対ヴィッセルの試合。
結果は1−5と大敗。
やはり最初の失点が痛すぎた。
右SB辻尾の弱気が招いた失点だったと思う。

この試合のメンバー紹介のときに、ヴィッセル側の両SBを見て驚いた。
右SB近藤も、左SB茂木もプロ入り当初はFWの選手だった。
確か茂木は、FWからSBにコンバートされ、戦術にフィットせず一度FWに戻されて再度SBへとポジションの変遷を経験しているはず。
茂木や近藤にできて、辻尾にできないとは思わない。
ただ、今のレベルではトップのレギュラーはどうかと思う。
しばらくはサテで鍛えるほうが本人とチームのためだと思うが。

また、持ってないなと思ってしまったのが翔。
0−2で迎えた後半の決定機を、思い切り足を振り向いてクロスバーにぶつけてしまう。
たらればになってしまうが、ここで決まっていれば1点差。
おそらくポジションも修正して、ある程度ゲームを落ち着かせる方向に行ったのではないか。
点差を詰めることができず、慣れないフォーメーションを続けたことが3失点、さらに4失点目に繋がったと思う。

この日のゴトビ監督の打った手はギャンブルと言っていいだろう。
3バック、そして2トップ。
これらは今までの試合では見られなかった。
正直3バックについては、大久保の活躍ぶりを見るとこの試合に関しては失敗ではないかと思っているが、点を取りにいくんだというその姿勢は支持したい。

それにしてもロスタイムの失点も余計だった。
高原のゴールで終わっていれば、次への期待感がもう少し持てたのだが。
逆にこれで、選手起用に関してリセットしやすくなったとみることもできるかもしれない。
基本的には、最終ラインはあまりいじらず、前線は好調な選手を使ってほしいと考えている。
次の試合、どういったメンバーで臨むのかに注目したいと思う。
posted by s-crew at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。