2011年06月04日

乱打戦、終わってみれば

今日は午前中から草野球。
場所は猿江恩賜公園、地下鉄住吉駅から歩いてすぐのところ。
私はここで野球をするのは初めてだ。
東京スカイツリーがよく見える。

試合結果から書くと11対11の引き分け。
乱打戦と言っていいだろうな。
一時は6点差をつけられて負けていたが、7点を取ってひっくり返したものの、最後の最後に追いつかれて時間切れ。
5回までしかできなかった。

相手の打線は強力だった。
守備を見て、この人はまあ打たないだろうと思った人がいい当たりを飛ばす。
まったく油断ならない打線だと思った。

私は6番レフトで出場、1打席ごとに振り返ってみると。
第1打席は四球を選ぶ。
第2打席はサード前へボテボテの当たりで、得意の内野安打に。
調子に乗って盗塁を試みるも、らくらくのタイミングで刺される、結構ショック。
第3打席は1アウトフルベースで犠牲フライには十分の大きさのレフトフライ、とこれをレフトがエラー。
打数がつかず打点1を記録。
結局記録上は3打席1打数1安打1打点1得点1四球1盗塁死。

私はこの試合でお疲れ様となったが、私以外の多くのチームメートが地下鉄で移動して(!)別の場所で野球をする。
今日地下鉄半蔵門線の中で野球のユニフォームを着こんだいい大人の集団を見かけたら、多分私のチームメートです。
ラベル:草野球
posted by s-crew at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

世の中いろいろとハシゴを楽しむ方々がいらっしゃるんですね。

ねぇジャガー。


Posted by 鬼退治 at 2011年06月06日 13:20
鬼退治さん、コメントありがとう。

今さらながら、なんではしご酒って言うんだろう。調べてみりゃいいのか。
Posted by s-crew at 2011年06月07日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。