2011年06月10日

冒険は次の舞台に向かう

「日本代表の冒険 南アフリカからブラジルへ」 宇都宮徹壱 著 光文社新書 読了。

メモを見ると5月5日に読み始めて、5月12日に読み終えている。
読み終えてからこのブログで紹介するまでひと月近くが経ってしまっている。
だが偶然とは恐ろしい。
この本は2010年6月10日の項から始まっている。
狙っていたわけではないのだが、ちょうど1年前の今日だ。

日本代表とはもちろんサッカー日本代表のこと。
そして南アフリカは2010ワールドカップが行われた地。
プロローグにも書かれているように『本書は、スポーツポータルサイト「スポーツナビ」にて、大会期間中、毎日連載していた「日々是世界杯2010」を大幅に加筆・修正したもの』だ。

期間は、最初にも書いたが6月10日から始まり7月11日に終わるまでの約ひと月間。
昨年の今頃はワールドカップが始まる期待感と、日本代表は大丈夫だろうかという不安感とが入り混じったなんともいえない気持ちでいたように思う。
今振り返ってみれば、大会期間中は楽しかったという思いが残っている。

題名には「日本代表の冒険」とあるが、ベスト16の戦いが終わった6月29日を過ぎてからは日本代表以外のことがメインとなる。
また試合とは別に、生で感じる南アフリカのレポートも面白い。
このあたりはいかにも宇都宮徹壱という感じがする。
いかにもといえば、写真もおそらく著者の撮影したものだろう。
各国のサポーターの写真は、それぞれ特徴が出ていて、見ていて飽きない。

昨日のエントリーで、300ページを越える新書はあまりないというようなことを書いたが、この本も300ページを越えるものだ。
厚い本だが、読み終えるのが惜しくなる。
それは大会が終わりに近づくにつれ寂しさが増すことに似ている。

日本代表の冒険がブラジルでも見られることを、そしてその冒険を宇都宮氏がレポートしてくれることを期待して。
posted by s-crew at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。お邪魔します。

自分もこの本を購入しました。
まだ導入部なので、大会の盛り上がりの部分は読んでいません。
日本代表の項、大会の終りが近づくにつれ惜しさが増すように自分も予感しています。
線路の先は見たいのですが、やはり終着駅に降りた時の寂しさは付きものかとも思いました。

自分も日本代表の冒険と、それを綴る宇都宮氏のレポートを期待します。
Posted by ask0080 at 2011年06月11日 22:55
ask0080さん、コメントありがとう。

期待は裏切られないですよ。

寂しさはあっても、そういう経験を得られることは、それはそれで幸せなことなのかなとも思っています。
Posted by s-crew at 2011年06月13日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209039390

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。