2011年06月13日

逆転もその後追いつかれ

11日土曜日に万博で行われたガンバ対エスパルスの一戦、試合前は天候が心配されたが雨はすっかりあがっていた。
雨の心配どころか、試合前に水を撒いていた。
これは今年から始めたと聞いた。
試合中に足を滑らす選手が何人も出ていたが、このあたりは試合前のアップのときに確認や対応できないものなのだろうか。
まあ足を滑らす選手はガンバの中にもいたけど。

試合は、立ち上がりはいい出足を見せたエスパルスイレブンだったが、CKをアドリアーノに合わせられ失点、ここからペースはガンバへ。
前半は押されながらもよく耐えたといったところか。

後半反撃に出るエスパルス、広い意味でセットプレーから2点を挙げ試合をひっくり返す。
1点目は、高原に決めてほしかった。
それまで孤軍奮闘の感があっただけに得点というご褒美を高原が得てほしかった。
だが、平岡や宏介の落ち着いたプレーが見られたのでよしとしよう。
2点目は元紀のFK、誰かに合わせてくるかと思ったらそのままゴールに入っちゃった。
松本育夫もびっくりのゴールでエスパルス逆転。
選手たちもゴール裏も大盛り上がり。

それでもガンバは簡単に勝たせてはくれない。
左サイドの宇佐美が中央に切れ込んで右足シュートという得意の形。
このシュートがイワシの足に当たってコースが変わってゴールに吸い込まれてしまう。

この後、エスパルスはシンジと大悟を投入、ここでイワシoutという采配にしびれた。
この日のイワシは集中力が切れ気味だった。
勇気ある選手交代だな。

エスパルスが2枚替えならガンバも2枚替えばかりに遠藤と平井が投入される。
ボール支配はガンバだが、エスパルスもカウンターの隙をうかがう。

得点はこの後は動かず結局2−2のドローとなった。
一時は逆転しただけに勝ちきりたかったが、ボール支配率を考えると勝ち点1をもぎ取ったという気もしている。

ゴトビ監督の采配を見ると、この1試合だけでなく連戦を考えての采配というのが強く感じられた。
2週間で5試合という連戦になるが、この間、確かな結果を残してくれるだろうと強く思った。
posted by s-crew at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。