2011年06月13日

圧巻!北川ゴールショー

ガンバ戦が行われた翌日、私が向かったのは伊勢市。
ジュニアユースの東海地域リーグの試合を見るためだ。
カードはエスパルスジュニアユース対ソシエタ伊勢SC。
ソシエタ伊勢SCは伊勢市にある朝熊山麓公園サッカー場を拠点に活動していて、サンフレッチェの水本はこのクラブ出身とHPを見て知った。
試合会場はその朝熊山麓公園サッカー場、私は空模様を心配しながら、近鉄宇治山田駅で自転車を借りてえっちらおっちら山麓を登って行った。

試合結果はエスパルスの公式WEBサイトにも掲載されているように、前半7−0、後半5−0、計12−0でエスパルスジュニアユースの圧勝。
光っていたのは6得点をあげた9番北川。
意識して生で見たのは今回初だった。
スピードが武器のFWという先入観を持っていたが、スピードだけでなく、ポジショニングであったりポストプレーであったり決定力であったりと、FWとして必要な資質を高いレベルで備えた選手だと思った。
ウズベキスタン遠征で得たものは大きかったか。

逆に心配になったのは左SBに入った水谷拓磨、といってもプレーではない。
前半に相手選手と衝突し、負傷退場となった。
鼻のあたりをずっと押さえていたが、鼻骨骨折とかなっていなければいいが。

U−15代表組のもう一人、キャプテン10番宮本は、行け行けどんどんになりがちなチームにあって、中盤の底で落ち着きをもたらすプレーを最優先していた印象。
北川がベンチに下がってからは、急に積極的に上がりだしたのがなかなか面白かった。

そのほかの選手も特に名前を挙げないが、2列目とSBの絡んだ崩しなどがよく見られて、このチーム強いわと思った。
攻撃する時間が長くて、DF陣の能力がよくわからなかったが、総合力はかなり高いことは言えそうだ。
夏に全国制覇した昨年のチームに劣らない実力を持っているのではないかと思う。
横チンいいチーム作ったな。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。