2011年06月25日

不敗記録もいつかは止る

なかなか観戦記が追いつかない。
これから書くのは水曜日に行われたエスパルス対フロンターレの試合。
フロンターレは、もう次の試合を終えたというのに(苦笑)。

この試合は前半ロスタイムのシンジのPKの場面から見た。
スタジアムの中に入ろうとしたら、うれしそうな声で「PK、PK」という声が中から漏れ聞こえてきた。
エスパルスがPKを奪ったと確信し、急いでスタジアムの中に入った。
あわてて空いている席に座りPKの場面を見た。
決まったとき、私のいた場所からはオーロラビジョンが見えず、得点が何対何かわからなかった。
ただ、スタジアムの雰囲気が押せ押せになっていたので同点に追いついたのかなと思った(前半20分くらいの時点で0−2であることは知っていた)。
PKの後もスタジアムの雰囲気そのままに、押せ押せでこれはいいぞと思った。
前半終了、この時点で2−2であることを確認する。

後半の始まり。
しばらくして、フロンターレの井川にイエローが出る。
結構厳しく取ってるなと思ったら、これが2枚目のイエローで井川退場。
このあたりの時間帯、やけにイエローが出るなあと思った。

ここからフロンターレは、守って守ってカウンターに徹する。
でもこれが結構怖い。
交代出場の小林のヒールキックがゴールになってしまった。

逆にエスパルスはボールは持てるが崩しきれない。
大悟・俊幸の交代で入った選手も、ボールには絡むが…。
大悟にはもう少しシュートの意識を強く持ってほしかったなと思った。

最後までフロンターレの守備陣を崩せず、2−3でタイムアップ。
とうとうアウスタでフロンターレに負ける日が来てしまったか。

この記事を書いている今では、不敗を止められたのだから、今度は相手チームの不敗を止める番だと思っている。
肉体的な疲れはあるだろうが、連戦の最後、もう人頑張りしてベガルタの不敗記録を止めてほしい。
posted by s-crew at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。