2011年06月28日

ベガルタをついに止めた

昨年エスパルスは、アルビレックスに敗れるまで開幕から不敗を続けていた。
そして今年のエスパルスは、開幕から不敗を続けるベガルタに初黒星をつける立場となった。
1対0での勝利。
なにか巡りあわせを感じる。

この試合の前半は、じりじりする展開だった。
エスパルスはこの日は4−2−3−1のフォーメーション、ボランチは真希と大輔というコンビ。
二人とも中盤の底にしっかりと構え、相手の速攻を許さじと立ちふさがっていた。
だが攻撃時ではボールをもらう動きが少ないように感じた。
二人のうち一人は前に飛び出してもいいのではないかと思ったのだが。
前半はできるだけリスクを冒さないということだったのだろうか。

後半は選手交代などによってゲームが動き出し、エスパルスが得点をあげる。
宏介からのアーリークロスを、永井が前でつぶれて後ろのブロスケがあわせてゴール右隅に流し込む。
相当難しいシュートだと思うだが、よく決めてくれた。
また永井を交代で入れたときに、ブロスケと俊幸の位置も替えていた。
このあたりも得点に結びついているはず、唸る。

ベガルタは中原をいれ、パワープレーに出る。
エスパルスはFW永井を最終ラインに入れ対抗、4分のアディショナルタイムも含めて虎の子の1点を守り抜き、勝利を収める。

MOMはやはり唯一の得点をあげたブロスケで決まりでしょう。
得点直後の大ピンチを、よく前に飛び出して防いだ健平も貢献度大。

これで5連戦を3勝1敗1分という成績で乗り切り、勝ち点10を得た。
変則的な日程で、選手はかなり消耗を強いられたと思う。
コンディションが早く回復することを祈っている。
そしてホーム3連戦の最後の試合で、因縁浅からぬアントラーズを叩いてほしいと思う。
posted by s-crew at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。