2011年07月10日

ゴール前の厚い壁、健平

9日土曜日、山梨中銀スタで行われたヴァンフォーレ対エスパルスの試合は1−2でエスパルスが勝利を収めた。
富士山ダービーは、リーグ戦ではいまだ負けなしだ。
前半ロスタイムにリードを奪ったときには、かなり勝利に近づいたかと思った。
だがなかなか簡単には勝たせてくれない。
後半は冷や汗が出まくった。

それでも勝ち点3を積み重ねることが出来たのは、GK健平の活躍に負うところが大。
至近距離からのシュートを何度ビッグセーブしたことか。
MOMは決まりでしょう。
健平が筑波大学でプレーしているときから見ているが、こんなに早くエスパルスで確固たる地位を築くとは想像していなかった。

試合を落ち着かせたのが健平なら、試合を動かしたといえるのはシンジ。
高原とのパス交換からミドルシュートを決めたかと思えば、クリアなのかバックパスなのかよくわからないがプレゼントパスで失点の起点になってしまった。
しかしそれで終わらなかったのがこの日のシンジ、前半ロスタイムには得点の起点にもなった。

その前半ロスタイムにゴールを決めたのは元紀。
そんなに易しくないシュートだと思う。
高校時代の決定力の高さが復活したか。
今シーズン、元紀はこれが流れの中からの最初の得点。
最近ちょっと調子が落ち気味かなと思っていたが、これでまた上昇気流に乗っていけるのではないか。

そのほかにもシンジと大悟が揃って先発、さらにいつ以来だ、浩太のリーグ戦出場と、中盤には明るい話題が多かった。
だが最終ラインからは二人怪我人が出てしまうなど心配な点も出てきてしまった。
後半かなりヴァンフォーレに押されたのも、最終ラインの二人が交代を余儀なくされたことが大きく影響しているように思う。
ヴァンフォーレの片桐に振り回された感もあったけれど。

これから中三日、中二日と試合が続く。
消耗あるいは怪我が今まで以上に心配になってくる。
フレッシュな選手、怪我から復帰してきた選手の活躍を期待したい。
posted by s-crew at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。