2011年07月18日

勝てた試合を引き分ける

土曜・日曜と一日に2試合ずつ計4試合サッカー観戦をした。
正直混乱しているところもあるだろうが、とにかく観戦記を書きたい。
まずは土曜日の一試合目、エスパルスユース対静岡学園、プレミアイーストの第9節になる。
10チームによる2回総当りなので、この試合が折り返しの試合ということになる。

試合前は、エスパルスに分があるかと予想した。
エスパルスはU−17W杯帰りの石毛がいる。
また怪我で長く戦列を離れていたFW影山が前節途中出場して戦列復帰した。
こういった明るい材料がある。
一方の学園、前節で主力選手の何人かが怪我を負ってこの試合の出場が危ぶまれると聞いていた。
実際、主将の伊東をはじめ、聞いた名前がスタメンの中にいなかった。

キックオフ、学園は前からプレッシャーをかけてくる。
いつもの学園サッカーとはちょっと違う印象。
そんな中、エスパルスに大チャンス、だがFW柏瀬が外してしまう。
せめて枠には飛ばしてほしかった。
この日の柏瀬、全体的に調子がいまひとつ。
トップ昇格が期待されているが、この日の出来では厳しいといってしまおう。
もっとやってもらわなければ。
前半は学園ペースで点が動かず終了。

後半も立ち上がりは学園ペースだったが、途中でバテ始める。
また退場者も一人だし、一挙にエスパルスペースへと傾く。
枠にボールを流し込むだけという決定機が二度三度、だが決められない。
試合はそのままスコアレスドローに終わる。
勝てるゲームではあったが、試合後の大榎監督の表情を見ると、ある程度は納得しているようだった。
敗北を喫した三菱養和戦のあととはまったく表情が違っていた。

クラブユース選手権の全国大会に出場できなかったため、この試合を最後に引退する3年生が二人。
カリブコールとミゾコールが運動場に響く。
彼らのためにも勝ちたかったなと思った。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215358887

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。