2011年07月18日

オレンジのはしご観戦1

7月17日(日)、この日はいろんな要素が重なって、ちょっと無茶なはしご観戦をしてみようと思った。
共通項はホームはオレンジがチームカラーで、専用球技場でサッカーが見られるということ。

JR東日本パスを活用し、まず向かったのは長野。
見るのはJFLのAC長野パルセイロ対佐川印刷SCの試合だ。
東日本パスでは東北地方に行ってお金を使ってくるのが本来の目的なのだろうが、私は長野に行ってしまった。
いつか奥の細道御徒紀行で東北地方に行きますので今回はお許しください。

パルセイロの試合は今季一度すでに見ている。
ゼルビアとの試合を野津田で見た。
そのときは、ゼルビア側に席を取ったため、パルセイロの応援風景とかあまり見られなかった。
今回はしっかりと体感してこようと思った。

一方の佐川印刷には注目している選手がいる。
エスパルスユースから浜松大、ジェフリザーブズを経て今年加入した石垣だ。
マッチデイプログラムの予想スタメンに名前はなかったが、試合にはCBで先発出場していた。
出来はというと、なんかまだ馴染んでない感じがした。
コンビを組んだ相方のCBから「ガッキー、自信持ってやれ」なんて声を掛けられていた。

試合結果は0−0のスコアレスドロー。
好守が光ったというより、どちらのチームも攻めあぐねたといったほうが正しいか。
攻撃陣ではやはりパルセイロの10番宇野沢のテクニックが目立った。
そうそう専用だけに選手の顔がよくわかる。
パルセイロの2番籾谷はどこかで見たことがあるなと思っていたら、以前ザスパを取り上げた番組で割と大きく扱われていた選手だった。

パルセイロのサポーターは、思っていたより年齢層が幅広く、クラブが町といい関係にあるように映った。
この日の観客は約1500人、佐川印刷のサポーターは10名もいなかったので、ほとんどがパルセイロのサポーターと思われる。
準加盟でもないクラブとしてはなかなか多いのではないかと思う。

得点が入ったときのサポーターの反応が見たかったが、それ以外はいろいろと体験できて有意義だったと思っている。
このスタジアムに来てしまうと、信州ダービーを体験したいと思ってしまうな。
また来年以降の楽しみに取っておこう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215491433

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。