2011年07月22日

詩学であり史学でもあり

「ベースボールの詩学」 平出隆 著 講談社学術文庫 読了。

6月15日から読み始め6月24日に読み終えている。

著者平出隆は大学教授だが、詩人・作家としても知られている。
あるいは一部の人には“プロの”草野球愛好家として知られているかもしれない。
ファウルズという草野球チームを主宰し、年間65試合(一時期のプロ野球の1シーズンの試合数の半分)を行っていた。
大学教授であり、詩人であり、草野球愛好家でありといった部分が絶妙にブレンドされた本がこの本だと思った。

野球にちなんでいるのだろう、全部で9章からなる。 
学術文庫に収められたこともあり、もっと統一性のある内容かと思ったが、アメリカあり、日本あり、歴史について深く掘り下げたと思ったら、野球の詩的側面を前面に出したりと統一性というよりは多様性が強く出ているように感じた。
あとがきを読んで知ったのだが、初出の発表雑誌がいくつかに分かれていて、そのことが多様性を強く感じた要因だと思った。

この本ははじめに筑摩書房から単行本として1989年に刊行された。
同時期に著者は岩波新書から「白球礼讃」という本を刊行した。
この「白球礼讃」は、出版されてすぐ購入して読んだ覚えがある。
こちらは草野球に関しての本だった。
「ベースボールの詩学」も書店の店頭で見かけた記憶はあるが、単行本ということもあり購入には至らなかった。
それが20年以上経ってから文庫になり、とうとう読むに至った。
何か歴史を感じる。

これからも単行本時には読まなかった話題作やロングセラーが文庫になったら、着実に押さえて読んでいこうと思う。
この本は、そういったことを再認識させる一冊となった。
posted by s-crew at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。