2011年07月22日

才気みなぎる新人の作品

「叫びと祈り」 梓崎優 著 東京創元社 読了。

6月21日に読み始め、6月26日に読み終えている。

海外の動向を分析する雑誌社に勤める斉木を主人公とした全五話からなる連作短編集。
一話の「砂漠を走る船の道」は、第5回ミステリーズ!新人賞受賞作であり、この受賞作にさらに四話を加えて一冊の本にしている。
新人賞受賞作に書き加えて一冊の本にしたところは「告白」に似ているが、「告白」はあくまで長編だが、こちらは連作短編集。

しゃれではなく、一話一話に才気が感じられる。
ミステリとしてどうなんだという疑問を感じる話もあったが、それを補って余りあるミステリ作家としての才能を感じた。

特に題名にも使われている四話目の「叫び」と五話目の「祈り」には、かなり心を動かされた。
表題作として使われるのも納得の作品だと思った。
特に「祈り」は、この作品があるから連作短編集として意味を成すという、いわば作品の心臓とも言える話だ。

またミステリとしての楽しみだけでなく、サハラ砂漠やスペイン、南ロシア、ブラジル奥地といったいろんな地域を舞台にしているのも興味深く読めたことに一役買っている。
それにしても著者は、各国事情に詳しい。
文献から連想して執筆したのか、あるいは実際に現地を訪れた経験があるのか、ちょっと物語とは関係ないところに興味を持った。

著者は1983年東京生まれとある。
まだ20代の若さでこれだけの作品が書けるとは驚きだ。
まだまだ面白い本を書いてくれそうな雰囲気がある。
今度は長編が読みたいと思う。
posted by s-crew at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/216177710

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。