2011年07月24日

痛かったCKからの失点

土曜日に長居競技場で行われたセレッソ対エスパルスの一戦は、前半は0−0で折り返したものの後半だけで4失点を喫し、4−0でエスパルスは敗れてしまった。

最初のキーとなるプレーは開始わずか30秒でおとずれた。
左サイドからシンジからクロスを入れると飛び込んだ大悟が頭で合わせるも、ボールは右に外れる。
ここはきっちりと枠に収めてほしかった。
だが、これからもまだチャンスは何度も来るだろうとこの時点では思っていた。

その後は拮抗した戦いとなり、どちらかといえばセレッソがボール支配率は上回っていたように思う。
先取点が鍵を握ると思わせる展開で前半終了。

後半CKから先制点をセレッソに許す。
前半だけ見たら、CK時の守備は大丈夫と思っていたので、この失点は私の予想外だった。
ほかの人からの情報で、キッカーを替えていたとのこと、そうだったのか。

流れがセレッソに傾いたところで今度はPKを献上。
きっちり決められ、ますます苦しい展開に。

前掛りになって攻め込むもののあと一押しが足りない。
逆に後方に広大なスペースが生じ、カウンターの餌食に。
3点目、ロスタイムに4点目を食らう。
このとき私が思っていたことは、大量失点してしまったことではなく、この日のセレッソのようなカウンターからの得点をなぜエスパルスは出来ないのだろうかということ。
前掛りになった相手からカウンターで得点を取れるようになれば、得失点差の点でプラスになるのにと思ったのだ。

この大量失点で、また得失点差がマイナスとなってしまった。
また得失点差がプラスとなるように勝利を積み重ねてほしいと思う。

試合とは直接関係ないが、LED広告でキンチョウの蚊取り線香がくるくる回るやつが妙に印象に残っている。
相手チームのPKのときにこの広告を流すのだろうかと気になった。

なビスコ・ヴァンフォーレ戦、そしてサンフレッチェ戦と試合は続く。
うまく切り替えてくれることを望んでいる。
posted by s-crew at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/216518567

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。