2011年08月07日

安打が集中して逆転勝利

今日というか8月6日は長い一日だった。
まずは朝の9時から草野球。
新潟遠征(最初に厭世と変換されたのは偶然ではないかもしれない)の前だというのに何をやってるんだという気もしたが、草野球も好きなんだから仕方ない。
場所は浮間公園、家から新潟へ向かう途中といえば途中である。

相手のチーム名は忘れてしまったが、平均年齢がいつものことながらわがチームより明らかに若い。
私は1番センターで出場。
第一打席はあえなく三振。
第二打席はサードゴロエラーで出塁。
第三打席は左中間への良い当たり、センターに追いつかれるがボールを弾いて記録は安打にしてもらった。
結局三打数一安打一得点一三振という結果。

試合はというと1点を先攻されるが、6回の私の安打をきっかけに集中打で四得点、鮮やかな逆転劇となって4−1で勝利。
しかしこのイニングだけヒットが4本集中してるんだなあ。
ほかのイニングはほぼ完璧に抑えられていて、残塁数は2。
9番バッターは2回しか打席が回ってこなかったとぼやいていた。

草野球でありがちな四球の乱発や凡ミスがなく、しまった良い試合だったと終わったあとに審判の人がおっしゃっていた。

そうそうこの試合は守備機会も多かった。
最初の右中間の当たりを好捕(自分で言っちゃった)したのをはじめ4捕殺。
そのほかヒットの処理も2機会と、外野にしては守備機会の多かった日だった。

この時点では、いい一日になりそうな予感がしていたのだが。
タグ:草野球
posted by s-crew at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/218832586

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。