2011年08月07日

悪い流れを断ち切りたい

なでしこリーグの試合が終わり、次はJ1の試合だ。
アルビレックス対エスパルス、結果から先に書いてしまうと4−0でアルビレックスの勝利。
エスパルスはリーグ戦に限っていえば、三試合連続同スコアで大敗を喫したことになる。
正直書くのもつらい。
だが試合は続く、思い出せる範囲で振り返ってみたい。

この日感じたのは、当たり前のことだが、よく研究されているということ。
まず最終ラインでのボール回しのときに、ボスナーにプレッシャーをかけてきた。
この日の1トップが高原でなかったこともあり、ボスナーからのロングボールはかなりの確率で相手ボールになってしまっていた。
前回のアウスタでの敗戦がアルビレックスにしてみたらかなり悔しかったのではないかと想像する。

選手個人を見ると、シンジが負けられない気持ちを前面に出してファイトしてくれてたのが頼もしかった。
若い選手も見習ってもらいたいと強く思った。

選手交代では、同じポジションの選手の入れ替えばかりだった。
ゴトビ監督になってからは初めてのような気がする。

それにしても得点が取れないのが悔しい。
試合終了後、ゴールコールをしたのも当然かもしれない。
3試合続けて、終盤はバランスを崩しても点を取りに行っている。
にもかかわらず点が入らない。
ちょっとこれは根が深い問題のように思う。

ただこれでアウェイ3連戦が終わって、やっと次はホーム試合をすることが出来る。
ホームの声援で後押しをしたい、しなければならないと思う。
相手は外弁慶のアルディージャだが、そんなこと関係なくホームで、今の悪い流れを断ち切ってほしいと思う。
posted by s-crew at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。