2011年08月15日

悪い流れをホームで断つ

ブログの更新も夏休みに入ってしまっていた。
今日から気合を入れて、毎日更新を目標に、ブログを書いていこうと思う。
まずは土曜日に行われたエスパルス対アルディージャの試合を振り返ってみる。

エスパルスは、この試合の前までアウェイで3試合連続0−4で負けていた。
先制点を取られると、なかなか立て直せないという試合が続いた。
またサンフレッチェ戦とアルビレックス戦は、後半ロスタイムに4点目を奪われた。
そういった悪い流れの中で迎えた、待望のホームでの試合、いい流れを掴み寄せるべく臨んだ試合だったといえるだろう。

前半はまずまずの出来だったか。
新潟戦に比べて、トップにタカが、最終ラインにイワシがはいったことで、センターラインの安定感が強まった。
またエダの運動量が目立った。
あとはサイドがいかに押し込むか。

後半エスパルスから見て左サイドを押し込む。
宏介のクロスをエダがあわせるもバー、跳ね返ったところをタカが中央へシュート性のボールを入れると、そこにいたエダがダイレクトであわせてエスパルス先制。
エダの場合、そこにいることが大事。

2点目も左サイドから。
宏介が相手DFをかわしてグラウンダーのクロス、ダイレクトであわせたのはシンジ。
ボールはGKの股間を抜けていった。

3点目はタカの素晴らしいゴール。
ボスナーからのFKのボールに競るタカ、こぼれたボールは俊幸を経由してややルーズに。
見逃さなかったタカが左足を一閃、ボールはニアをぶち抜いた。

静岡ガス提供のMOMもタカだったが、私もタカで同意。
タカの3点目がなければまだ勝敗はどっちに転ぶかわからなかった。
タカのゴールでエスパルスサポーター、そしてスタジアムの雰囲気はエスパルスの勝利を確信したものになった。

3−0で勝ったのだから、特に後半に不満がなかったかというと、そうでもない。
中途半端なCKが2本あった。
亜人夢や俊幸に点を取らせるチャンスをなぜ与えないかなと思った。
前の試合でロスタイムに4失点目を喫したので、そのことが強く印象に残っているのかもしれないが、それでも私としては4点目を奪いに行くCKを見たかった。

次は対セレッソ、アウェイ0−4で敗北の流れが始まってしまった相手だ。
選手たちには期するものがあるはず。
期するものが形になって現れることに期待したい。
posted by s-crew at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。