2011年08月29日

白崎目当てで行ったのに

日曜日はどこでサッカーを見ようかと思案した。
天皇杯の県予選決勝戦が行われる。
行ったことのないスタジアムということで千葉県にしようと最初は思っていたが、思い直して山梨県にした。
山梨学院大学附属高校が残っているので、怪我の回復次第だが白崎が見られるかもしれないと思ったのだ。

天皇杯山梨県予選決勝は、帝京第三高校(以下帝京第三)対山梨学院大学附属高校(山梨学院)の高校勢同士の対決であった。
会場は山梨中銀スタジアムだ。

試合前のアップ時、山梨学院のスタメンと思われるメンバーの中に白崎らしき選手はいなかった。
インターハイ県予選の決勝も途中出場だったから、この日も途中出場かなと甘い期待を持っていた。
アップが終わってメンバーの発表。
山梨学院のスタメンは1番から12番、リザーブは13番から19番ときれいに揃っていた、ただ10番が抜けていた。
白崎がベンチにもいないではないか、私は何のために来たんだ、と一瞬思ったが、決勝を楽しんでみることに気持ちを何とか切り替えた。

前半の立ち上がりは落ち着かない展開、どちらも主導権を握れない。
25分過ぎくらいから帝京第三がペースを握り始める。
立て続けに2、3度決定機を迎えるがシュートが枠に飛ばない。
結果的にここで点を奪えなかったことが帝京第三にしてみたら痛かった。

後半はまた互角の展開に。
山梨学院は選手交代で打開を図ると、その選手が先制ゴールを挙げる。
さらにロスタイムにもダメ押し点をあげて、山梨学院が2−0で勝利し、天皇杯山梨県代表の座を手中にする。
吉永監督おめでとう。

この日の私は、ホリデー快速ビューやまなし号を満喫した。
甲斐住吉駅から小瀬まで歩いていくルートの確認をした。
いろいろ成果のあった日だった。
でもそんなことよりも白崎が見たかったよう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/223081814

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。