2006年09月24日

初芝橋本の7番にちょっとハァハァ

当初は予定していなかったのですが、西が丘へ行ってきました。
高円宮杯、全日本ユース選手権準々決勝です。
実は、芝公園で草野球をやるため都営三田線水道橋で切符を買おうとしたら、芝公園よりも本蓮沼の文字が先に目に入っちゃったんですね。
芝公園から本蓮沼って一本じゃん、と思ったときに野球が終わったら西が丘へ行こうと決めました。

第一試合、ヴェルディユース対初芝橋本高校、見始めたのは後半開始直後からでした。
前半は0−0、後半立ち上がりはほぼ互角の戦い。
25分ごろ初芝橋本7番のミドルシュートが決まり先制。
日本平開幕の対名古屋戦における淳吾のシュートを右サイドからうった感じ。
レフティ独特の感覚的なビューティフルゴールでした。

その後も互角の展開でしたが、後半ロスタイムに入るというころ、フリーキックからクイックスタート、そして正確なクロスからヴェルディが注目の選手オサマのヘッドで同点に追いつく。

延長でも決着がつかずPK合戦へ。
PK戦は3−0で初芝橋本が準決勝進出を決める。

初芝橋本では7番のほか、10番そしてキーパーが印象に残りました。
一方ヴェルディ、オサマ以外では、10番のチビというあだなの選手が、独特の間合いのドリブルで異彩を放ってました。

準々決勝第2試合は項を改めます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24359689

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。