2006年09月24日

滝川二高、中盤制圧

高円宮杯準々決勝、西が丘での第2試合は滝川第二高校と広島ユース。
4−1で滝川二高の勝利。

前半開始早々ハーフラインからちょっと入ったばかりのところから11番のフリーキック、誰も触らずそのままゴールへ、滝川先制。
25分ごろ、広島のエース10番平繁がPKをゲット、自分できっちり決めて同点に。
しかし、滝川その直後10番の見事なトラップからゴール、突き放す。

後半広島はロングボールを多用するが滝川しっかり撥ね返す。
逆にカウンターから前線が少ない人数で決定的なチャンスを何度も作り、22番と20番のゴールで勝負あった。
正直この試合は滝川二高の圧勝といっていいでしょう。

滝川二高ではFW22番の俊足、二列目11番の左足、同じく10番のスキルが印象に残りました。
そうそうボランチの19番に、どこか福西っぽい危険が漂ってました。

広島では平繁がやはり能力的には抜きん出ているものの、故障をもっているのか(右足太ももにサポーターが)運動量が少なく、評判倒れに終わった感がありました。
チーム全体としても、こんなものかと期待が裏切られた感じがしました。

結局西が丘では、準決勝進出はどちらも関西の高校チームでした。
そういえば初芝橋本は辻尾の母校ですよ。
そういうわけで、実力的には厳しいと思いますが、この大会は初芝橋本を応援することにします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。