2006年10月28日

関東大学サッカーリーグ戦その1

柏対横浜FCの試合のチケットが売り切れていることがわかったので、急遽予定変更、気まぐれを起こしフクアリへ行って関東大学サッカーリーグ戦を二試合見てきた。
まず一試合目は中央対専修、中央の辻尾に注目するはずだった。
しかし、別の選手に目が行きっぱなしだった。
その選手とは大瀧義史、3年前のエスパルスユースの主将だ。

7分に1点目(遅刻して見逃した)を入れる。
前半ロスタイムに、ゴール前の混戦で辻尾からパスを受け、反転しながらシュート、ボールは左隅に。
後半早々辻尾のFKで中央三点目。
その一分後、大瀧ループシュートを決める。
この日の大瀧は、ハットトリックをあげた時のシュンスケのような活躍だった。

試合は専修のエース荒田が一点返すも4−1で中央の勝利。
目立った選手は、専修ではこの荒田、清水東出身の3年、来年練習参加ぐらいはしてほしいな。
中央は大瀧以外ではボランチ田村、確かベガルタに内定してるはず。
注目していた辻尾はあまり目立たず、後半途中まで左ウィング、その後左サイドバックに。
FK以外はあまり存在感を見せられなかった。
少なくても左サイドバックの適性はなさそうだ、右ならどうだろう。

試合のレベルは、専修がやや格下感があり、あまり高くなかったように思う。
大瀧はJでやれるレベルなのかはよくわからない。
ただ、エスパルスユース出身ではあるが、今のエスパルスのサッカーにはフィットしないような気がする。
うーん。
この記事へのコメント
大瀧くんは静岡国体とユースで2試合位しか観てませんが
どの試合も印象は悪くなかったですね。
ただ線が細かったのでトップは厳しいなぁと思いました。
が同じく国体で活躍したジェフ水野も同じイメージでした。
水野は見事に化けましたが、体の小さい選手などを獲る場合は賭けみたいな所も有るでしょう。
財津、岡崎も化ければ儲けみたいな感は有ったのでは。

あと大瀧くんは確かレフティーだった記憶が。
エスパではそれもネックでしょうか。
Posted by 鬼退治 at 2006年10月29日 01:42
あれ、先ほど新宿駅であったような気がするのは気のせいかな。

大瀧はたしかにレフティです。
ユースのときは左か右かともかくSHをやっていました。
右サイドのときは、一度左に持ち替えてクロスを入れていたように記憶しています。
あるサイトでは「闘将大瀧」と書かれていましたが、大学ではテクニシャン大瀧ですね。
Posted by s-crew at 2006年10月29日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26367156

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。