2013年02月18日

柏U−18vs千葉U−18

ちばぎんカップの試合が終わっても私は日立台からは去らなかった。
16時からは柏U−18対千葉U−18の、千葉県クラブユース新人戦が行われるからだ。
まあこの情報は「エルゴラッソ」から得た知識だが。

柏U−18は、強いというイメージがある。
新チームはどうなのか興味があった。
一方千葉U−18は、このところはあまり強い評判を聞いていない。
それでも、柏に対しては負けられないという思いが強いだろう。
接戦に、さらにいえば得点が多く入る試合になるといいなと思っていた。

キックオフ。
柏は一つ上の世代と同じく、アンカーを置く4−3−3。
やはりボール所持率が高い、毎年同じ方向性を持っているものと思われる。
千葉はオーソドックスな4−4−2のように見えた。

試合は前半終了間際に柏が先制する。
14番が縦パスを受けると反転、狭いところをすり抜けてゴールを陥れる。
すぐに「会津」コールが柏のサポーター席から起こる。
「エルゴラッソ」によると、『独特のプレースタイルを持つMF会津』とあるので、この選手だろう。

後半は点が動かず、そのままタイムアップ。
やはり柏は強いと思った。
エスパルスユースと闘ったら、どういった展開になるか考えながら、日立台を後にした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。