2013年02月26日

この時期にこの内容とは

サテライトの試合が終わってそのあと1時半からはトップの試合。
この試合のあと、いや最中から、やばいなあという気持ちが抑え切れなくなった。
開幕一週間前でこの内容か。

相手のアルビレックスの出来がかなり良かったとは思う。
正直言って今季のアルビレックスは降格候補だと思っていた。
ところが、そんなことをない、いやむしろと思わずにはいられなかった。
やはり選手の名前だけで判断してはいけないものだと痛感した。
ボランチのレオシルバが効いてたなあ。

かたやエスパルス。
バレーにボールが届かない。
これでは得点の期待薄だ。

前の週のジュビロ戦のあとは、翌週こんな気持ちになるとは夢にも思わなかった。
自分の見る目のなさに恥じ入るばかり。

悲観ばかりしていても仕方がない。
この試合がシーズン開幕戦ではなかったことを逆に喜びとしようか。
シーズン開幕まで待ったなし。
posted by s-crew at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。