2013年02月26日

金曜夜8時、戦いの殿堂

「新日本プロレス 12人の怪人」 門馬忠雄 著 文春新書 読了。

2012年は新日本プロレス設立40周年だった。
その新日本プロレスにとって記念すべき年の末に出版されたのがこの「新日本プロレス 12人の怪人」だ。
その12人とは以下のとおり。
 アントニオ猪木
 山本小鉄
 長州力
 前田日明
 藤原喜明
 タイガーマスク
 キラー・カーン
 アンドレ・ザ・ジャイアント
 タイガー・ジェット・シン
 マクガイヤー兄弟
 橋本真也
 棚橋弘至
マクガイヤー兄弟がいるので、正しくは12人ではなく、13人か。

著者の名前は「Number」で見かける。
おそらく、その流れで文春新書での出版となったと思われる。

プロレスに関する新書には「名勝負数え歌 俺たちの昭和プロレス」 藤波辰爾 長州力 著 アスキー新書 がある。
この本も私は読んだ。
あわせておススメしておきたい。

中学のとき、馬場派か猪木派かと問われたことがある。
そのときは曖昧に答えたが、今思い返すと猪木派だったんだなと思う。
posted by s-crew at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

門馬氏は昭和プロレスを知る最後のプロレス記者ですね。

あっ再開おめでとうございます。



Posted by 鬼退治 at 2013年03月04日 08:42
鬼退治さん、コメントありがとう。
徐々に上げていきます。
Posted by s-crew at 2013年03月04日 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/332084780

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。