2007年02月25日

20070225番外編佐屋街道

今回は「東海道を歩く」の番外編。
本来、宮〜桑名間は七里の渡しということで海上が正しいルート。
でも私は、せっかくだから宮〜桑名間も歩いて行こうと思っていた。
そこで調べたところ、佐屋街道という道があり、船に弱い人などはこの道を使ったことを知った。
今回は、宮から佐屋街道の神守(かもり)の宿までを歩く。

一月ほど前に歩いた熱田区伝馬町あたりにまた来た。
宮の宿のはずれのT字路、左は宮の渡しへ、右は美濃路(佐屋路)の碑が。
当然今回は右へ。
すぐに熱田神宮が目に入る。
敬意を表してお参り。

img033.jpg
拝殿をのぞむ

この時期が込む時期なのかそうでないのかよくわからないが、とにかく人が多いな、と思ったことは確か。
私が熱田神宮に持っているイメージというと、漫画「包丁人味平」で、主人公塩見味平が“包丁貴族”団英彦と勝負をしたところというもの。
牛次郎・ビッグ錠は黄金コンビだったなと思わずにいられない。

文字通りわき道にそれてしまった、歩くことに戻ろう。
現在の国道19号線を行く、途中までは佐屋路というより美濃路ということになる。
金山駅の手前で左折、ここから佐屋路が始まる。

尾頭橋(おとうばし)を渡ると中川区へ、ウィンズ名古屋へ向かう人が目立つ。
庄内川まで一本道。
歩道が広く、また佐屋路というプレートが足元にあるなど気分よく歩くことができた。

近鉄烏森駅を越すと中村区へ、一本道は続く。
歩道が狭くなるが仕方のないところだろう。

庄内川の手前が岩塚の宿、取り立てて遺跡があるわけではないが、雰囲気は感じる。
庄内川を越すところ、以前は万場の渡しと言ったそうな。
もちろん現在渡しが残っているはずもなく、回り道して万場大橋を使い庄内川を渡る。

川を越すと再び中川区へ、地名は万場。
神社や寺があり、歴史の古さを感じるたたずまい。
名古屋高速万場線の下をくぐると大治町へ。
東名阪自動車道の下をくぐると三度中川区、そしてまた大治町となかなか忙しい。

県道68号線に合流、ここからはクルマが主役の道となり、歩くことが快適ではなくなる。
まあ仕方のないところと、あとで思った。

福田川を渡ると七宝町、今日の行程もそろそろめどが立った。
わりと簡単に七宝町を抜けて津島市へ。
入ってすぐのところに神守の宿がある。
宿場の中心は次回に回すとして、入り口のところに一里塚跡の案内が。

img035.jpg
佐屋路神守の一里塚跡の案内

今日の行程はここまで。
県道68号線に出るまでは、気分よく歩くことができたのが収穫。
帰りはその68号線をバスで帰ってきたのだが、これはクルマが主役の道で仕方ないなと思った。
名古屋駅までまっすぐ東へほぼ一本道なのだ。

次回は東神守のバス停付近から再スタートしたい。
次回で桑名の七里の渡しあとまで歩いて、番外編は終了させる予定。
今回のように、気分よく歩けるといいのだが。
posted by s-crew at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34651568

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。