2013年03月26日

横浜FC対岡山@ニッパツ

日曜日は二週間ぶりにまた三ツ沢へと出向いた。
横浜FC対ファジアーノ岡山のカード。
別に横浜FCをサポートしているわけではない。
ただ、専用スタジアムで見たいだけ。
だから時間が取れればまたアルウィンとかバードスタで見たいんだけど。
この週はフクアリでの試合がなかったのでニッパツへ向かったわけだ。
そしてアウェイゴール裏で観戦する。

試合はロスタイムのDF後藤のゴールで、アウェイのファジアーノが今季初勝利をあげる。
セットプレー崩れでもないのに、なんでDFがそこにいる?
さらにいえば、頭で繋いでアシストしたDFの植田もなんでそこにいるの?

後半のある時間帯からは総攻撃を仕掛けたファジアーノだったが、それまでは重心がかなり後ろだった。
前半はシュート0のはず。
後半1トップに荒田を投入してからやっとスイッチが切り替わった感じがした。
荒田は大学時代から気になっていた選手なだけに完全移籍先のファジアーノでレギュラーを張っているのを見てうれしく思う。
またやはり途中出場の石原は、ユース時代を知っているだけに、もっとかき回せ、と思った。

ほかにファジアーノで印象に残ったのはGKの中林。
ビッグアーチで好セービングを見せられたのを思い起こす。
http://orangev.seesaa.net/article/118564802.html

一方横浜FCは点が取れない。
これで3試合連続の無得点。
惜しいシュートは打っているのだが、ポストに嫌われたり、GKの好セーブにあったり。
もう少し前線でのコンビネーションを高める必要があるか。
1トップの田原が孤立する時間が長いように思った。

次にニッパツに来るときは、横浜FCの勝利を見ることが出来るかな?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。