2013年04月15日

プレミアイースト第2節

日曜日はプレミアイーストの試合を見てきた。
エスパルスユース対アントラーズユース。
結果は2−1でエスパルスが今季初勝利。
得点者は北川と宮本という期待の二年生、この日もしっかり取っているのが素晴らしい。
昨年は開幕3連敗スタートであったが、今年は2戦目での勝利となった。

試合前両チームが並ぶと、体格の差を感じた。
エスパルスユースには、フィールドプレーヤーに180センチ以上の選手がいないのに対し、アントラーズユースは3人ほどいた。
これはセットプレーには気をつけないといけないと思った。
そしたら失点はCKから。
でもよく一失点ですんだという気もする。
CBの鈴木準弥がピンチの芽を摘んでいた。
鈴木はCBにしては小柄だが、頼もしい、さすがキャプテン。

もう一人の守りの主役はGK高木和。
ビッグセーブ連発で勝利に大きく貢献した。

オヤッと思ったのが、今までSBで出場していた水谷がボランチで出ていたこと。
今シーズンはここで使うのか。
年代別の日本代表ではボランチで使われているので、本人としてみたら問題はないだろう。

また10番柳沢も相手のDFの裏を狙って、相手の脅威になっていた。

次のエスパルスユースの相手は、今季前評判の高い流経大柏。
見に行こうかどうしようか迷っている。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/355598896

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。