2013年04月29日

ゴールだけでない貢献度

前半のバレーを見て、火曜日の疲れが残っているように感じた。
点が取れるのかと心配になった。
だが、後半バレーがやってくれた。
得点をあげるわ、相手を退場に追い込むわ。
心配などしなくてよかったんだ。

土曜日に行われたレッズ対エスパルスの試合、シュート数3本のエスパルスが0−1で勝利を収めた。

前半からボールはレッズが支配する。
だがエスパルスのGK林が立ちふさがる。
点を取られたら、逆襲は難しいところだったので、林の貢献度も高い。
また後半の時間稼ぎのときも、林の見せ場といえるのかも知れない。

林以外でもDF陣が集中力を切らすことなく、よく守っていた。

たまにはこういう試合があってもいいが、やはりゲームを支配した上で勝ってほしいと思う。
特に次から二試合ホームが続く。
沸くシーンが何度も出てくる、そんな試合を見たい。
posted by s-crew at 00:47| Comment(4) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
応援&検討会お疲れ様でした。
ディフェンスはかなり安定してきましたね。
あとは攻撃ですかね‥
Posted by 東山 at 2013年04月29日 09:35
相手が10人なってからも何の遜色もなく支配されて居たのはちょっと残念でしたな。

実質4ボランチにして守備の安定をさせたのは良い采配と思いますが石毛にはもう少し結果に拘ってスタメン奪い取って攻撃の厚みをつけたい所ですね。

>東山さん
お久しぶりです。それは試合前の事でしょうか?
Posted by 鬼退治 at 2013年04月29日 23:42
東山さん、お疲れ様でした。
もっとシュートを見たいと思います。

鬼退治さん、コメントありがとうございます。
確かに10人の相手にボール支配されるのはちょっと悔しいですね。
石毛達に期待したいところです。
Posted by s-crew at 2013年04月30日 00:23
>鬼退治さん

試合前も試合もですね。(笑)
Posted by 東山米鈍 at 2013年04月30日 18:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/357709296

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。