2013年06月02日

手近なとこでJFL観戦

今日はバスに乗ってJFLの試合を見てきた。
向かった先は武蔵野市陸上競技場。
横河武蔵野FC対HOYO大分の試合。
横河武蔵野FCの監督は吉田康弘、明治のコーチをやったり、いろいろとお忙しい。

選手紹介をしても、電光掲示板がないので選手名がよくわからない。
それでも横河武蔵野のほうは数人はわかった。
だがHOYO大分のほうがよくわからない。
控え選手に名古屋や徳島で活躍した杉本恵太がいたのはわかった。

キックオフ、横河武蔵野は3バックだった、ちょっと意外に思う。
早い時間帯にHOYO大分ボランチ6番福島のシュートが相手DFに当たり、コースが変わってゴール。
少し経つと私の腹具合がおかしくなってきた。
たまらず、トイレへ。
ちょっと集中しては見てられなくなった。

後半になっても相変わらず腹具合がおかしい。
もう一度トイレタイム。

私が思っていた以上にHOYO大分の選手にテクニックがあった。
試合のあと、HOYO大分のホームページで選手をあたってみると、どこかで聞いた名前が案外多かった。
もとJリーガーが多く在籍しているということ。

試合はそのまま点が入らず、0−1でタイムアップ、HOYO大分の勝利。
横河武蔵野も持ち直したが、得点をあげるところまではいかなかった。

HOYO大分はリーグ戦の順位はまだ下位にいる。
もう少し上に行ってもおかしくないと思った。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/364867656

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。