2013年06月10日

町田は再昇格出来るのか

このところJFL観戦づいている。
先週に引き続いて今日も見てきた。
出かけた先は町田市野津田、FC町田ゼルビア対Honda FCの一戦だ。

町田では出場停止から戻る庄司に注目して観戦しようと思っていた。
一方のHonda側では10番の柴田に注目しようと思っていた。
レフティらしい独特のタッチの持ち主。
スタメン予想では右SHになっていた。

試合は、最初からHondaのペースで試合が進む。
正直これはちょと予想外。
順位が上でホームの町田がペースを掴むもんだと思っていた。
0−0でスコアは動かなかったが、町田は前半のうちからボランチを一枚換えた。
てこ入れが必要と秋田監督が思ったのだろう。

後半試合が動く。
先制したのは優勢に試合を進めていたHonda。
左からのクロスに待ち構えていたのは柴田。
余裕を持って左足で決める。
やはり柴田かと思った。

さらにHondaが追加点。
ハーフライン付近からボランチ西がドリブル。
パスを警戒してドリブラーにマークしにいかない。
さすればとミドルシュート、ゴールは左隅に吸い込まれる。

後がなくなった町田はCBの深津をトップに上げてパワープレーに出る。
そして強引に途中交代で入った齋藤が頭で押し込んで1点差に。
だが反撃もここまで。
町田がやりたいサッカーは出来ずに終わったように感じた。

Hondaは門番の名にふさわしいサッカーをしたように思う。
一方の町田は、ハンドルを握る男庄司の調子が悪いように見えた。
そのことを含めて、昇格に向けては厳しいチーム事情だなと思った。
サポーターも危機感を感じているようで、試合後挨拶に来た選手たちに「一緒に頑張っていこう」と訴えていた。
このあとの二試合が、町田の昇格の鍵を握る連戦になるのかもしれない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365810441

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。