2013年06月23日

今季のカターレを初観戦

J1の試合のない週末、昨日土曜日、私はニッパツへ足を運んだ。
J2横浜FC対カターレ富山の試合を見るためだ。
味スタとどちらに足を運ぶか迷ったが、専用スタジアムを優先した形になった。
キックオフ直前にカターレゴール裏へもぐりこんだ。

キックオフ、ちょっとした違和感を感じた。
それはカターレの右ウィングバック國吉の利き足が左だということが原因だった。
右利きの左ウィングバックは見たことがあるが、その逆は多分無いと思う。
しつこいようだが違和感がある。
右シャドーのポジションで使う分なら違和感は感じないように思うのだが。

試合は大久保のゴールで横浜FC先制。
左SB中島のクロスの対処にカターレDF陣が苦慮していた。

カターレもCKから船津が頭で決めて同点に追いつく。
だがセットプレー以外で得点ににおいはなかなかしなかったのも事実。
あとどれだけセットプレーのチャンスをもらえるだろうかと思った。
前半は1−1で終了、ハーフタイムへ。

後半唯一の得点もセットプレーだった。
横浜FCのCK、カターレのクリアが中途半端で黒津が頭で詰めた。

その後カターレは黒部が、横浜FCはカズが出てきたり、ちょっと懐かしさを感じてしまった。

アディショナルタイムにやっとカターレの得点のにおいのする崩しが見られたが、それでも得点に結びつかず、そのまま2−1で横浜FC勝利で試合終了の笛が響く。

カターレは厳しいな、と思った。
苔口が戻ってきたらまた変わるかもしれないとは思うが。
逆に横浜FCは好転の兆しが見られた。
これから徐々に順位を上げていくかもしれない。
まあ横浜FCを見る機会はこれからもあると思うので、面白いサッカーを見せてくれればと思う。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。