2013年06月28日

今年の夏はどこへ行こう

夏休みに向けてだろうか、鉄道特集をする雑誌が目立つようになった。
そんな雑誌の中でひとまず取り上げて起きたいと思ったのが「一個人」8月号、特集名は『2013年度版 大人の鉄道大図鑑』だ。

全部で5部からなる。
〈第1部〉 2013年新登場した鉄道
〈第2部〉 新幹線車両大解剖
〈第3部〉 リニアモーターカー進化の軌跡
〈第4部〉 みどりの山手線50周年変遷史
〈第5部〉 全国各地の人気列車

〈第1部)では、近鉄の新特急「しまかぜ」のページが面白かった。
私の場合、路線については乗ってみたいと思うが、列車についてはこの列車に乗りたいと思うことはあまりない。
そんな私を乗りたいと思わせるものが「しまかぜ」にはあるように感じた。

〈第2部〉〈第3部〉については、あまり面白いとは思わなかった。
すでに読んだような内容と思った。

〈第4部〉を読む前は、おやっと思った。
山手線の歴史はそんなに浅かったっけ?と思ったのだ。
よく読むと『みどりの山手線』50周年とある。
ウグイス色の車両が走り始めて50年だったのだ。
でもそこまでこだわることがあるのかというのが正直な私の感想だ。

〈第5部〉では富山地方鉄道の「アルプスエキスプレス」に乗ってみたくなった。
この列車の改装に関わったのが、おなじみの水戸岡鋭治氏。
この列車に乗って宇奈月温泉へ行ってみたい。

全体的に「大図鑑」とあるように、車両の解説に多くのページを割いている。
ちょっとこの辺については不満がある。

今回の特集号は私の好みで言わせてもらえれば、もう一歩だったかと思った。
まあ、あくまで私の好みです。
また別の雑誌の鉄道特集を近いうちに紹介しようと思っている。
posted by s-crew at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。