2013年07月04日

空気を読まずに2ゴール

昨日はJ2の試合が行われた。
首都圏でも行われたので私は味スタへ向った。
ニッパツは考えてなかったけど、ニュースバリューでいえばそちらに行けばよかったかなとちょっとだけ思った。

東京ヴェルディ対京都サンガFCの試合は、0−5というスコアでサンガが楽勝した。
他の書き方も考えたが、やはり楽勝がふさわしいと思うのでこのとおりに書く。

ヴェルディは開始早々のビッグチャンスを除けば、決定気はなかった。
シュートも2本か3本らしい。
最終ラインからボールを繋ぐことを意識しすぎていたように思う。
トップに巻を置いたのだから、もっとロングボールを蹴ってよかったのではないか。
繋ぐ意識が強すぎて、サンガのプレスにはまってしまった。
前半0−1で済んだのが不思議なくらいだった。

後半頭からヴェルディは2枚替え、ところがすぐに失点。
そこでボランチ中後が負傷で3枚目の交代カードを切る。
すると今度は左WB前田が負傷、一旦はピッチに戻ったが、結局退場、ヴェルディは10人でのプレーを余儀なくされる。

このあとの時間帯は傍目には見るに忍びないものに思えた。
公式の試合中に鳥かごをやっているかのようだった。
このまま0−3で終りかなと思っていたら、空気を読まず得点を狙う選手がいた。
原一樹だ。
89分、アディショナルタイム中と連続ゴール、死者に鞭打つというか、傷口に塩をすり込むというか。
そうそう、この試合中、私は、泣きっ面にハチとか、瀕すれば窮すとか、こんな言葉ばかり口にしていた。

ヴェルディの立ち直ることが出来るだろうか。
次の試合も気になるところである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368321904

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。