2013年08月04日

浩太 本田 ラドンチッチ

土曜日、そこそこ期待を持って東北電力ビッグスワンへ向った。
結果は厳しいものだったが、まだ期待は持ち続けている。

アルビレックス対エスパルスの試合は3−1でアルビレックスの勝利。
開始18分でPKを与えてしまったことが大きかった。
この試合、浩太は残念無念の出来だった。
PKを与えてしまい、イエローを受けるわ、CKのチャンス時では決めきれないわ。
彼の日ではなかった。
巻き返しに期待したい。

また本田もFC東京戦ほどの輝きはなかったように見えた。
あまり出場機会がなかったところ中二日での試合ということで、疲労が残っていたのではないか。

あまり出来のよくなかった選手が多い中、新加入のラドンチッチはこれからやってくれそうだと期待を抱かせた。。
挨拶代わりの得点を見せてくれた。
ポストプレーで回りを活かすことも見せてくれた。
攻撃のバリエーションが増えそうだ。
あとはチーム全体でシュート数を増やすことが課題か。

もう一つ課題を。
また後半アディショナルタイムに失点した。
レイソル戦は、相手を褒めるべきと思ったが、今回は厳しく指弾されるべきと感じた。
油断、あるいは気持ちが切れてしまったか。
あってはならないプレーと強く思う。

次はホームだ。
きっちり相手を叩いて、観客を満足させてほしい。
材料は揃っていると思う。
posted by s-crew at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371133774

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。