2013年08月11日

快調ラドンチッチ2得点

ラドンチッチのホーム初お目見えとなったエスパルス対ベルマーレの一戦、そのラドンチッチがストロングポイントをしっかり見せてくれてエスパルスが3−1で勝利を収めた。
試合運びとしては、まだ直さなくてはならないところも見えたが、今後勝ち点を積み上げていけると思わせる内容だったのではないか。

やはり得点をあげてほしい選手がきっちりと2得点をあげたのが大きい。
特に2点目、こんなに簡単に得点って入るものなんだと思って見入ってしまった。

しかし、この後3点目がなかなか取れなかったのは反省点だろう。
取れていれば試合は決まっていた。
せっかく数的優位に立ちながら、単独ドリブルから失点を喫する。
相手にいけると思わせてしまった。

その流れで行けば、村田のあげたチーム3点目は意味が大きいものだった。
サブの選手が取ったということでも意味があった。
今後もサブの選手が活躍し、スタメン争いが活発になることを期待したい。

この日は4−1−2−2−1のフォーメーションと見えた。
しっかりとした軸が出来たことで、このフォーメーションが定着するのではないかと思う。

この流れを大事にして、難敵というか、鬼門の長居というか、ともかく次の試合に勢いを持ってぶつかってほしいと思う。
期待している。
posted by s-crew at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。