2013年08月21日

ダメな自分から抜け出せ

「脳から自分を変える12の秘訣 『やる気』と『自信』を取り戻す」 築山節 著 新潮文庫 読了。

今から6年ほど前に同じ著者の「脳が冴える15の習慣」という本を読んだ。
ベストセラーにもなったので、本の題名をご記憶の方もいるだろう。
脳トレもいいけど、いい習慣作りのほうが大事だよ、という内容だった。
参考にさせてもらった。

文庫の新刊で出たので、迷わず買って読み始めた。
12の症状とそれに対する処方箋を紹介、といったところだろうか。
12の症状を書き出してみる。
1 やる気がおこらない
2 集中力がない
3 早起きを定着させられない
4 抑制の力が落ちている
5 「空気が読めない」と言われる
6 自分の考えがまとめられない
7 思い出せない言葉が増えている
8 アイデアが浮かばない
9 時間を無駄遣いしてしまう
10 同じ失敗を繰り返す
11 ネガティブ思考に陥りやすい
12 変化への対応力がない
今の自分を振り返ると、4を強く感じる。
この本によると、意志が弱くなっていると言い換えられるようだ。

そこで対処法である。
二つのトレーニングを紹介している。
私がやってみようかなと思ったのは「少し辛いと感じる長さの文章を音読する。」だ。
たとえば、朝に新聞のコラム欄を読めばいいのではないかと思った。
が、思っただけで実際にやっていないのが、私の性格の弱いところ。
この本を読み終えたのが、7月14日の長崎でだった。
あれからひと月以上たっているのにやっていない。
このブログを書くことで、リセットしようと思う。

明日の朝、読むだろうか。
自信がない。
あ、11の処方箋も読み直したほうがいいのかも。
posted by s-crew at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。