2013年09月19日

今度は対藤枝MYFC戦

天皇杯2回戦の観戦記。
相手が藤枝MYFCということで、トシやイチに注目してみていた方も多かっただろう。
私が一番注目していたのは、藤牧だった。
三重県の中学からエスパルスユースを経て中京大へ。
確か大学三年のときには、東海リーグの得点王になったはず。
いろいろあってヴァンフォーレに加入するも、一年で戦力外に。
そして藤枝MYFCに至る。
長くなったが、回り道の末藤枝でポジションを掴んだ藤牧が、エスパルスにどう立ち向かうのかを楽しみに見ていた。
CBで使われるかと思っていたら、FWでもなく右SHだったので意外に思った。

一番印象に残っているのは後半、左からのクロスにドンピシャヘッドであわせたプレー。
GK正面に飛びゴールとはならなかった。
試合後のインタビューで、真田さんに守られたといったようなコメントを残していた。
エスパルス愛が感じられて、ちょっとウルッと来てしまった。
JFLでの活躍を切に願う。

試合は、藤牧のヘディングシュートのあと、セットプレーから二得点をあげたエスパルスが貫録勝ち。
なるほどなあと思ってみていたのが、浩太に替えて村田を投入したとき。
どうポジションをいじるのかと思っていたら、4−3−3を4−2−3−1にフォーメーションを変えた。
このあとボールが効果的に動くようになった。
これからもこういった試合中のフォーメーション変更が見られるかもしれない。

試合後のエールの交換。
個人的に同じカードを藤枝のホームで見てみたいと思った。

藤枝MYFCは来期J3で戦う可能性がかなり高いようだ。
イチの雄姿をまた見たいと思う。
今年以上に藤枝に行く機会が増えるかもしれない。
posted by s-crew at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。