2014年01月05日

選手権@駒澤陸上その2

駒澤陸上競技場、第2試合は市立船橋対京都橘の一戦。
はっきり言ってこの試合を目当てに来たといっても過言ではない。
藤枝東を破った京都橘を生で見たかった。
またその相手が市立船橋というのも良い。
期待を胸に試合を見た。

両チームの配置を見てオヤッと思った。
まず京都橘から。
藤枝東戦ではFWだった宮吉が左SHのポジションで、左SHだった中山がFWのポジション。
これはどういう狙いだったのだろうか、気になった。
一方の市立船橋、攻撃時には両SBがかなり高い位置を取る。
これは2バックと言ってもいいほど。
今までの市船とはちがうなあと思った。
一進一退で前半終了、第一試合より芝の悪さを感じさせない分、レベルが上かと思った。

と、このとき腹痛をもよおす。
我慢しきれずトイレに駆け込むも長い行列待ちもあり、席に戻ったのは後半開始10分後。
すると試合が動いているではないか。
なんという失態。
とにかく京都橘が先制ですね。
誰が決めたかも、このときは確認せず。

気落ちしている私とは躍動するのは京都橘の小屋松、追加点もこの男。
そのときやっと一点目も小屋松であることを知る。
思えば昨年の京都橘で一番惹かれたのは仙頭だった。
仙頭がいるから小屋松が活きると思った。
だが今年は小屋松が自ら輝きを放っていた。
いい選手だ。

試合は2−0で京都橘が勝利、2年連続で国立行きを決めた。

小屋松ばかりにどうしても目が行ってしまうが、京都橘の最終ラインの若さにも注目している。
1、2年生ばかりの最終ラインにもかかわらず、安定している。
来年もこのチームは強いんじゃないの、と今から来年度のことを思ってしまった。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/384432146

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。