2014年01月13日

星稜対京都橘@国立

わあ、二日遅れになってしまった。
も決勝戦の当日だ。
それでも観戦記を続けよう。
第二試合は星稜対京都橘というカード。
この2チームは、準々決勝の試合を見ている。
2試合を見て、準決勝は京都橘が勝つのではないか、展開によっては圧勝もあると思った。
ところがまったく反対の結果、4−0で星稜の勝ちという結果になった。
見る目のなさを反省する。

星稜の先制点は開始3分、これで京都橘の出鼻をくじいた。
さらに星稜の追加点は後半の早い時間帯。
京都橘にしてみたら、いわゆる危険な時間帯に失点し、こんなはずではないのにと思っているうちにずるずると失点を重ねてしまったのではないか。

星稜の攻撃で準々決勝と違ったのは、割と早めにサイドからクロスを入れていたこと。
これが効果的だった。
またリードしたら、シンプルなカウンター、これも威力十分だった。

京都橘は、得点源小屋松がマンマークにあい、攻撃が機能しなかった。
星稜の作戦勝ちともいえるかもしれない。

これで決勝戦は富山第一対星稜の隣県対決となった。
準決勝だけ見たら星稜が優位かと思う。
だが私の予想は外れるのがデフォルトかも知れない。
ともかく生観戦してこようと思う。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。