2014年01月25日

「ファビュラス・バーカー・ボーイズの地獄のアメリカ観光」

「ファビュラス・バーカー・ボーイズの地獄のアメリカ観光」 町山智浩 柳下毅一郎 著 ちくま文庫 読了。

『ファビュラス・バーカー・ボイズ』こと町山智浩と柳下毅一郎のデビュー作。
このたび文庫になった。
文庫化なら文春文庫の「ベスト・オブ映画欠席裁判」のほうが先だった。
この本も私は読んでいる。
とはいうものの、私は映画に詳しくはない。
それでもこの二人の掛け合いが面白く、ページをめくるのが楽しみだった。

『ファビュラス・バーカー・ボーイズ』は「ファビュラス・ベーカー・ボーイズ」のもじり。
当初は馬鹿のことかと思っていたのだが、バーカーには呼び込みの意味があると知る。
呼び込みらしく口八丁ということなのかもしれない。

四つの章に分かれている。
Chapter1 ロサンジェルス篇1
Chapter2 イースト・コースト篇
Chapter3 ラスヴェガス篇
Chapter4 ロサンジェルス篇2

いきなり初っ端から『ラス・メイヤーの巨乳屋敷・訪問!』とある。
この部分は電車の中で読んだのだが、巨乳女優の写真が出てきて、周りの視線が気になった。
また最近老眼が進んでいて、本と目を離して読んでいたのでなおさら気になった。

読んでいる最中から、二人の知識量には驚かされた。
映画評論家という職業はこういった人たちばかりなのだろうか。
褒め言葉として、映画オタクなんだろうなと思った。
この二人の著作をさらに読みたいと思った。
posted by s-crew at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386035923

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。