2014年02月19日

PSM 対フロンターレ@アイスタ

ちょっと時間がたってしまったが、日曜日に行われたPSMエスパルス対フロンターレ戦を振り返ってみたい。
まずスコアが5対1、大勝と言っていいだろう。
これはフロンターレのメンバーがサブ組み中心だったことが大きな要因。
それを踏まえて5対1をどう見るかということになるが、いいスパーリングが出来たと見る。

まず攻撃面では、駿が目立っていた。
特に得点シーンは、そこに至る崩しやクロスも含めて非常に良いものだった。
何度も見られるのではないかと期待している。
この得点シーン以外でも、武者修行を積んできたと何度も思わせていた。

攻撃面ではないが、大輔もよく顔を出して目立っていた。
最終ラインに入ってボール回しに参加していたし、さらにスローインのボールをもらうことさえしていた。
昨年スローインのボールを受けたシーンを見た覚えがない。
なんか今年の大輔は違うかもしれないと思った。
が、その矢先に一発退場。
これで開幕戦が出場停止になってしまった。
高い授業料を払った格好だ。
ただ、試合に復帰したら、臆せず最終ラインのボール回しに参加してほしいと思う。

新戦力組みでは善朗が出場した。
これはこれでリズムが変わって面白いと思ったが、もう少し長い時間見てみたい。
そうそうノヴァコヴィッチは貫禄の2得点。
駿とのツインタワーは、相手チームにとって脅威だろう。
またセットプレーのディフェンス時に何度もボールを跳ね返していた。
この点でも大きな戦力を得たように思った。

このチームにキャプテン浩太が加わる。
楽しみだ。
今シーズン期待している。
posted by s-crew at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。