2014年03月04日

FC岐阜対カマタマーレ@長良川

土曜日、豊スタで試合を見たあと、名古屋に泊まった。
翌日は天気次第で長良川に行くか、それともフクアリに戻ろうかと両天秤にかけていた。
天気がよく、長良川に行くことにした。

長良川で行われたのは、ラモス率いるFC岐阜と、今年J2に昇格したカマタマーレというカード。
両チームとも話題性があり、今年のJ2の初観戦にふさわしいカードと勝手に思っていた。

試合結果から先に書けば、3対1でホーム岐阜の勝利。
この日長良川競技場に集まった1万1000人以上の観客の多くは満足して帰途に着いたのではないか。

立ち上がりの岐阜は落ち着きがなかった。
開始早々岐阜の左サイドを突破され、ネットを揺らされる。
ここはハンドがあり、ノーゴール、冷や汗モノだった。

試合はセットプレーで動く。
三都主のCKをナサリドが落とし、最後は難波がプッシュ。
追加点はナザリドのFK。
このナザリド、J2では規格外かもしれない。
ほとんどのハイボールを競り勝っていた。
そして一瞬のスピードでも観客を沸かす。
J1チームからのオファーがあるのではないか。

一方のカマタマーレだが、組織ではFC岐阜を上回っていた。
降格の最有力候補かと思っていたが、中位も狙えるかと思い直した。
主力のFWを二人欠いてこの内容なら悪くない。
特に我那覇のポストプレー、左サイドのアンドレアの突破、中央の高木も存在感を見せていた。
あとは後ろがどこまで踏ん張れるか。
次節番狂わせを見たいと思った。
生観戦してしまおうか。

トータルで見て、長良川に来て良かったと思った。
このスタジアムの雰囲気が続いてほしいと思った。
できれば今シーズン中にもう一度訪れたい。
そのとき、FC岐阜は何位だろうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。