2014年03月17日

セレッソ対エスパルス@ヤンマースタジアム

大阪、それも南のほうに行くのがイヤになる。
4対1の敗戦は応える。
また4失点か。

土曜日に行われたセレッソ対エスパルスの一戦、いったんは追いついたものの、その後突き放され、アディショナルタイムでの失点もあり、またも4失点でエスパルスは敗れてしまった。
点の取られ方や取られる時間帯が悪い。
見ているほうもテンションが下がる。

勝つ機会がまったくなかったわけではない。
1対1の時間帯、ゴール前でノヴァコヴィッチがフリーで詰めるだけという場面があった。
ここで決めていれば。
かなり違った展開になったことは間違いないだろう。
まだ3試合を終えたところだが、ノヴァコヴィッチが点を取ればエスパルスは勝利し、点を入れられなければ敗北を喫している。

良かった点を探せば、元紀がPKとはいえ得点をあげたこと。
PKは安心して見ていられる。
得点をあげたことで、次に繋がればと思う。

久しぶりのキャラのボランチも、心配していた分良く映った。
前線に飛び出すときもあった。
本田のコンディションが整わない今、キャラの存在は心強い。

懸念材料は、GKとCB。
ここが3試合で3通りの人選。
ここが固定できないと、土台が揺らいだ状態で試合に臨むことになってしまう。

ここでナビスコカップが始まる。
流れを変える意味で、いいタイミングかもしれない。
フレッシュな選手の活躍を期待したい。
posted by s-crew at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391759823

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。