2014年03月21日

ナビスコカップ 対ベガルタ@アイスタ日本平

水曜日、14年のナビスコカップが開幕した。
エスパルスはホームアイスタにベガルタを迎えての一戦。
4−0と得失点差も稼いでの勝利だった。

私はこの試合、前半終了直前から見た。
だから駿のゴールを見ていない。
後半のプレーしか見ていないと言っていい。
物足りなさばかりが心に残った。
特にノヴァコの2得点目の流れ。
パスするよりもシュートを打ってほしかった。
もっとエゴイスティックになってほしかった。

試合の流れを追うと、2−0のスコアで後半しばらくは動かなかった。
その間はベガルタにボールを持たれていた。
危ない場面も何回かったが、何とか無失点で切り抜けた。
そしてノヴァコのゴール、さすがにここからは安心して見てられた。
もう少し早く引導を渡してほしかったと思う。

印象に残ったのは、まず六平。
ボランチは競争が激しいポジションだが、そこに割り込んできそうだ。
3枚目の交代のカードだった金子。
惜しいシュートが1本あった。
それでももっとシュートが見たい。

これで1戦目を終えてグループ首位に立ったはず。
まだまだの段階だが、それでも首位の居心地は悪くないはず。
良い意味で調子に乗って勝ち点を伸ばしてほしいと思う。
11月のタイトル獲得に向けて、さらに選手層が厚くなることを目指して。
posted by s-crew at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392103367

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。