2014年03月23日

横浜FC対モンテディオ山形@ニッパツ

J1の試合のない土曜日、やはりJ2の試合を観戦すべく横浜へ向かった。
カードは横浜FC対モンテディオ山形だ。

立ち上がりはモンテディオペース。
石崎監督らしいプレスが利いたサッカー、トップ下に位置するディエゴもサボっていなかった。
だが先制点をあげたのは横浜FC。
ペナルティエリア内でファウルを受けた小野瀬が自らPKを蹴り込んだ。
小野瀬は横浜FCのアカデミー出身。
PKキッカーを任されるとは意外だった。
前半は1−0で終了。
モンテディオは攻撃になるとまだ形ができていない印象を持つ。
ディエゴの個人技頼みのように映った。

後半、モンテディオが追いつく。
右からのアーリークロスに中島が頭で合わせる。
この日好調だった横浜FCのGK南もこれは止められなかった。

さらに攻勢に出るモンテディオ。
だがそのあとの得点をあげたのは横浜FCだった。
CBドウグラスがインターセプト、そのままドリブルで持ち上がり前線の黒津にスルーパス。
DFに囲まれながら黒津が右足で流し込む。
黒津って利き足右だっけと一瞬思ってしまった。

そのあとのモンテディオの攻撃を凌ぎ、横浜FCが勝利のときを迎える。

全体的な印象としては、モンテディオは守備時の形はできているが攻撃時の形はまだこれからかなと。
ディエゴもサボっていなかったのはさすが石崎監督と思った。
また宮阪のFKは大きな武器だとも思った。
横浜FCのほうはあまり印象に残っていない。
南が当たっていたので、良い補強とは思った。
また小野瀬は使いながら育てていくのかと。
やはりアカデミー出身の選手は大事に育てなければ。

まだシーズンも始まったばかり、これからのチームとしての成長をまたいつか見ることが出来ればと思った。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。